安城 リフォーム 総和


高浜市 アパート 外壁・屋根リフォーム事例

 

施工概要

地名

高浜市


施工内容

外壁・屋根リフォーム事例


リフォームのきっかけ

外壁の色があせたことで、汚れが目立ってしまっていることを気にされていました。また、シーリングの目地や細部のヒビ割れ、金属部分の錆び付きもトータルで修繕されたいということで、弊社にご依頼いただきました。

リフォームのポイント

001

塗り替えのサインを見逃すな!

外壁を手でこすってみて手が白くなったら、それは塗り替え時のサインです。チョークを触った時とよく似ているので、この現象のことを「チョーキング」とも言います。これは紫外線や風雨の影響で、塗装表面が劣化していることが原因で起こるので、塗料が塗り替え時期にきているのかどうか、把握する目安になるのです。
 

外壁・屋根リフォーム前

001 001 001
施工前の外壁の写真です。色があせてしまっているのがわかります。 特に2階部分の汚れが目立っています。 施工前の屋根です。見えにくい汚れや細かい錆び付きも落としていきます。

外壁・屋根リフォーム中

001 001 001
鉄鋼製の足場を組んで、安心・安全に施工していきます。 施工箇所・工程・補修方法について、事前にしっかり確認します。 高圧洗浄機にて、古い塗膜や汚れを除去します。
001 001 001
外壁の継ぎ目を埋めているシーリングには、細かいひび割れが入ってしまっています。 既設のシーリングを丁寧にはがしていきます。 こちらがシーリングに用いるシリコン性シーリング剤です。雨水の侵入から外壁を守ります。
001 001 001
シーリング剤が継ぎ目以外の部分に付着しないよう、養生テープを張ります。 シーリング剤がしっかりと密着するように、プライマー(専用の接着剤)を塗り込みます。 シーリングの充填が完了しました。
001 001 001
こちらのシーリングも充填が完了しました。2枚上の写真と比べると違いが一目瞭然です。 シーリングが完了した後は、外壁に下塗り剤を塗ります。 下塗り剤(シーラー)には、古くなった壁に浸透して壁を強化、これから塗る塗料の密着性も高めます。
001 001 001
続いて、弾力性のある下地剤を塗り、外壁剤を保護します。 厚めに塗り上げることで、乾いた後のひび割れを防ぎ、美しい仕上がりになります。 下地が塗り終わったら、中塗り・上塗りの2段階の塗装で仕上げていきます。
001 001 001
中塗り・上塗りはローラーを使用して手で塗っていきます。職人の腕のみせどころです。 狭いところも見逃さず、徹底的に塗装します。 屋根を塗装する場合にも、高圧洗浄を行います。
001 001 001
高圧洗浄後は、下塗りを行ないます。 ローラーで丹念に塗っていきます。この作業で手を抜くと、仕上がりに大きく差がつきます。 板金(棟)部へは錆び止めを塗ります。
001 001 001
階段にも、錆び止めと塗装を行なっていきます。 踊り場にも錆が発生していました。 パイプシャフトの扉も錆び止め処理を行います。

外壁・屋根リフォーム後

001 001
見違えるようにキレイになりました。1階と2階の色みもよく合っています。 階段も塗装し直し、新築同様の仕上がりに。錆び止めも塗ったので、時間が経ってもキレイな外観を維持できます。
001  
施工後の屋根です。色ムラなく仕上がりました。  

外壁塗装・防水リフォーム事例一覧
屋根リフォーム事例一覧
施工事例一覧はこちら


はじめにこちらをお読みください 会社案内 住まいの試着をしましょう

総和住宅へのご相談はこちらから


詳しくはお問い合わせください!